裏木曽中津川

Photo

イベント

やさかふるさと花火大会
開催日 毎年10月第2土曜日(花馬まつり前日)

坂下・山口

 やさか(山口・坂下・川上)地区の秋のふるさとの祭典として、また、美濃坂下800年伝説の秋の花馬まつりの前夜祭として祭りを盛り上げると共に、人々のふれあいの場を広げ、3地域の活性化に寄与することを目的として開催しています。
 秋の澄んだ夜空を、約1500発の花火が舞い散ります!!

かしもカード会『わくわく抽選会』
開催日 1月初旬

加子母

毎年恒例のかしもカード会『わくわく抽選会』
開始1時間半前からお客様が待つほど、毎年大盛況の抽選会です。
かしもわくわくカード満点カード1枚で抽選券1枚と交換し抽選を行います。
今年は『1等:地デジ対応テレビ』をカード会発足10周年を記念して10本用意して開催します。
その他にも加盟店賞や海産物干物、豚ロースカツ、鶏もも肉、トイレットペーパーなどの生活必需品など盛りだくさんの賞品を用意して行われる抽選会です。

加子母のイルミネーション
開催日 12月11日〜2月末

加子母

加子母地内を走る国道257号線『道の駅加子母:第二駐車場』に取り付けられたイルミネーションが、2月末までの期間に点灯しています。
昭和62年に有志が集い、夜になると真っ暗になってしまう国道沿いの並木に豆電球を取り付け加子母のイメージアップを図ろうと始まりました。毎年青年部員が主体となり加子母総合事務所職員の協力のもと、イルミネーションの補修・新設作業を行っています。
このイルミネーションで、地域の方並びに国道257号線を利用する方達へ、ひとときの安らぎとなる場の提供と加子母を知って戴く手段となっています。

石彫小作品展・伝統工芸展
開催日 8月15日〜21日

蛭川

石の素晴らしさを多くの皆さんに見ていただくために
「石彫のつどい」参加作家による小作品・石材組合の伝統工芸展を、
中津川市にぎわいプラザにて開催します。

つけち全国レディスクラフトフェアー
開催日 毎年10月の第3土曜、日曜日

付知

女性クラフト作家の皆さんによる手作り作品の展示即売イベント
毎年10月の第3土日に開催され、全国から女性クラフト作家100グループ
(陶芸・布織物・アクセサリー・革・ガラス)が集まり開催されま
す。
開催場所 道の駅花街道付知 イベント広場
HTTP www.takenet.or.jp/~h-to-h

つけち夢まつり(8月13・14日)
開催日 毎年8月13日・14日

付知

中でも13日に開催される花火大会は8号玉を中心に500発が打ち
上げられ、山間にこだまする轟と夜空に咲く大輪が楽しめます。
14日は道の駅花街道付知イベント広場でバザー・特産品の販売・
ステージイベントが行なわれます。

つけち森林の市(5月3日〜5日)
開催日 毎年5月3日〜5日 9時〜17時

付知

「木」の町付知町を代表するイベントで「木」を中心とした木工品の
即売や建築建前実演をはじめ各種体験コーナー・木工用素材販売コー
ナーがあります。まさに「まるごと木づくり」です。
 又つけち森林の市ならではのアトラクションを準備して一日中楽し
んで頂けます。

開催場所 道の駅花街道付知 イベント広場
HTTP www.takenet.or.jp/~t-mokkou (木工の会)

夕森もみじまつり
開催日 11月初旬

川上

H18年まで行われていた「かわうえふるさとまつり」が、H19年から「夕森もみじまつり」として新しくなりました。
サブタイトルは「 龍神伝説の森とせせらぎ体感ウォーキング」。
清き水の流れ・そして神秘的な空間が、日頃の喧騒を忘れさせてくれることでしょう。
毎年秋になると、多くの観光バスが”癒しとマイナスイオン”を求めてこの夕森公園に訪れます。
晩秋の美しき夕森を是非見に来て下さい。

お問合せ
  夕森もみじまつり実行委員会 
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/dantai/kawaue-shimin/

かわうえ産業祭
開催日 10月初旬の日曜日

川上

地元農産物販売・錦鯉展示即売会・
各種お店が出てにぎわいます。

椛の湖農業小学校
開催日 秋

坂下・山口

海抜500mの高原にある、有機栽培による農業体験学習の農場。
作物を育て、収穫する喜びを都会の親子に味わってもらおうと、
毎月1回、楽しみながら体験学習を実践しています。

ごへーまつり
開催日 11月

坂下・山口

毎年新米が収穫されると、当地域では五平餅で労をねぎらい皆で
祝います。
ごへーまつりは50,000本の団子ごへーで11月に開催する
美味しおまつりです。盛りだくさんの催し物深まる山里の味が
満喫できます。

与三郎まつり
開催日 8月

坂下・山口

平成2年(1990年)町制80周年を契機にこれまでの夏祭りに
特色をもたせようと、商工会青年部が中心となり実行委員会を組織
して「与三郎まつり」を行っています。
町民はもとより帰省客からもふるさとの祭りとして大変好評です。

木曽川ふるさと鮎釣り大会
開催日 夏

坂下・山口

木曽川の水位に左右されますが水量の安定した、
しかも鮎の活性が著しい最も適した時期に開催されます。
毎回 東海地方を中心に太公望 約200人が友釣りで腕を競い
合います。

椛の湖さくらまつり
開催日 4月

坂下・山口

椛の湖は昭和33年に8年の歳月を経て完成された灌漑用の人造湖で
す。昭和53年4月から椛の湖さくらまつりが開催されています。
さくらの名所としても知られ、多くの方が訪れます。また、椛の湖は
フォークジャンボリー発祥の地でもあります。

かしもの夏まつり
開催日 平成25年8月11日(日)

加子母

商工会青年部が中心となり地域の皆さんで作り上げる『かしもの夏ま
つり』です。
クジ入りの飴玉投げや豪華賞品が当たる大抽選会があります。
また生演奏による盆踊りや、ステージではたくさんのアトラクション
も催されます。
花火大会も同時に行われ、夏まつり会場から間近に打ち上げられる
スターマインや仕掛け花火は大迫力です。
会場内ではバザーもあり、十数店舗のお店ではバザー内容も豊富で、
地域の特産品の食べ物が格安で食べられます。

かしもの夏まつり実行委員会(0573)79−3297

MAIKA祭り
開催日 11月3日 文化の日

蛭川

“やろまいか”の心意気をもじったMAIKA祭りは、
毎年11月3日に開催。
郷土芸能の発表をはじめ、蛭川の資源をアピールする
楽しいイベントが盛りだくさん。

ひとつばたご祭り (5月18日)
開催日 5月18日(日)

蛭川

蛭川には、国の天然記念物に指定されている長瀞の
「ヒトツバタゴ」を含め、21本もの自生木が残っています。
5月18日には、満開の花の下で、ウォーキングなど
多彩な催しが行われます。

ふくおかうきうき広場(5月5日)
開催日 毎年5月5日(子どもの日)

福岡

福岡商店街を歩行者天国にして、子どもと大人の身近な遊び場を
提供と親子のふれあいの場を提供しています。 これからのふくおか地域を子ども達が創造できるようにと思い出づくりに各種イベントを開催しています。 又、スタンプラリー・パズルの館・ビンゴ大会など楽しいイベントが盛り沢山で開催されます。
開催日・毎年5月5日(子どもの日)

農村歌舞伎
開催日 9月予定

福岡

「農村歌舞伎」  この地では明治の初めから阿波の
人形浄瑠璃の流れを汲む農村歌舞伎が盛んであった。
庶民の娯楽としてもてはやされ、各地に芝居小屋も建てられた。
戦後は映像文化に押されて衰退したが、昭和49年高山歌舞伎保存会が結成され、伝統文化 の伝承がなされるようになった。平成14年には全国地芝居サミットを高山地区の常磐座で開催した。
全国芝居小屋会議にも参加し、全国の芝居関係者との交流を
すすめている。

第31回ふくおかふるさとまつり(H25.8.4)
開催日 平成25年8月4日

福岡

今年はなんと!!
岐阜エフエム放送Radio80の人気パーソナリティーが「7人」もやってきます!!!!!

<お問い合わせ先>
ふくおかふるさとまつり実行委員会事務局(福岡公民館内)
TEL:0573−72−2144
Mail:fukuoka.machikyou@gmail.com

ふくおかの風物となった「ふるさとまつり」は、ふくおからしさを前面にだしたイベントを開催し、夜にはローマン渓谷に響きわたる音響とともにきらめく光が夜空を覆いつくす花火大会は最高の人出でにぎわいます。

開催日:毎年第1日曜日

ふくおか産業祭
開催日 平成23年11月6日(日)

福岡

ふくおか産業祭開催
「輪を広げ ともに歩もう 元気なまちづくり」
日時  平成23年11月6日(日) 9時〜15時
場所  中津川市役所福岡総合事務所 駐車場
主催  ふくおか産業祭実行委員会

当地区は中津川市内では農地面積が最大であり、多種多様の農産物が生産されています。又、苺・柿・栗等もあり「消費者に信頼される安全・安心な農産物」
を利用し、あじめこしょうカレー・キムチ・梅酒・にんにくドリンク等々の特産品も開発しPRしています。
地域の各種イベント、芸能等ステージでも賑わいがあり一日楽しめます。

トップに戻る